からまったくのぷうる


台本置き場

演劇の台本置き場です。

注意:上演許可願いは必ずしてください。無断上演は著作権の侵害となります。
(練習でちょっと読む本探してるとかだったら、ご自由にお持ち帰りください♪)

上演許可願いについてはこちら





   2009.6.11 君の涙とサヨウナラ  (15分; 男1 女1)
      *** 泣き虫の僕をなくしてしまった僕は、会社を辞めて、離婚届を出して、
           泣き虫の僕を探すことにした。でも、彼女はちっともそんな僕を止めてくれない。
           不思議な雰囲気のお話。

   2009.9.10 吟遊詩人に会えるまで。  (15分; 男1 女1)
      *** 次回作に困った小説家は、ふと昔近所に住んでいたおじさんを思い出す。
           あの頃見ていたはずのおじさんが、今は近所に住んでいた自分です。
           きっとどこへだって行けるから。さあ、冒険の旅に出よう。

   2010.11.26 満月に関する考察 (10分; 男1 女1)
      *** 「最近、満月の夜には決まって同じ夢を見ます。」
           月で遊ぶ狼とウサギ。ふたりのふたりの変身訓練。
           狼になれるのは、オオカミだけ。生きているのは、オオカミだけ。






   2009.5.18 フロッグメン (20分; 男2 女1)
      *** 水が重たい。呼吸が苦しい。
           勝ったはずの自分だけが取り残されて、いつの間にかそこは遠い世界になってしまった。
           でも、まだゆずれないものがある。水泳、スポ根ものです。


   2009.7.2 サテライト=チャンネル (30分; 男2 女1)
      *** ぴぴぴ・・・応答願います。メッセージなし。こちらからメッセージを送ります。
           やあ、おはよう。世界におはよう。誰か聞こえていませんか。あなたはいま、どこにいますか。
           科学館を舞台にしたSF作品です。

      
   2009.7.20 ワンダーエッグ (25分; 男1 女2)
      *** そう、聞いたことがあるかい。なにをって。
           おいおい、君もこの世界で生きてきたんだ。聞いたことくらいあるだろう。
           ほら、ワンダーエッグの話さ。不条理劇です。


  2011.7.21 スキップする靴 (15分; 男1 女1 不定1)
      *** 勇者はNEET。魔法使いはフリーのター。僧侶は店に収まっている。
           自由の羽は折りたたんで、社会に飛び出したつもりが外は狭い。
           なのに何も考えてない彼だけが先に行ってしまう気がして私は。

      
   2014.8.15 ロベルトボット (20分; 男2 女1)
      *** 文字の読めなくなった本がある。「だから、彼には代わりにこう伝えてください。」
           「こんなわるいことをするお前は、間違いなく人間だ。」ってね。
           感情が死んでいく男の焦燥感を描いたSFサスペンス(?)です。






  2010.6.29 Gimmick (35分; 男1 女3)
      *** 仮想空間にはびこる凶悪犯罪。それを取り締まる国家直属の組織があった。
           少女はふとしたきっかけで、その組織に属することになったが・・・。
           舞台を駆け巡るサイバーアクションです。

  2012.1.4 アニーモウト (45分; 男2 女2)
      *** 数年来帰って来なかった次兄が帰ってきた。兄妹は久しぶりに3人の食卓を囲む。
           でも、家族には宇宙人・アニーモウトの魔の手が迫っていた・・・。
           誰がスパイで、誰が幸せなのか。兄妹を巡るSFサスペンス風ドラマです。

  2012.4.10 ONDEMAND (15分; 男2 女2)
      *** 家出した親友がやってくる。「しりとりしよう?」「で、失恋したと?」
           「これは銀河の危機なのです!」 親友のボーイフレンドは鼻水を垂らさない。
           「UFOキャッチャーって、知ってますか?」 これは、彼女に起こった不思議な話。

  2012.10.14 負透明に (45分; 男2 女2)
      *** 「一日消えるにはどうしたらいい?」「消えたいと思ったことない?」
           ある日を境に、誰かを消すことで世界につなぎとめられることを許された少女は、
           友人を作り、そして…。居場所を求める”失踪系”友情譚です。

  2015.12.31 ミナイミライ (70分; 男2 女2)
      *** 「私の聞いた、君の未来を伝えよう。私と君は、11月19日、廃工場で殺されるはずだった。」
           「しかし、私は、彼の協力を得て、その未来を回避した。」
           しかし、危機は再びやってくる。今度は、未来の分からない形で。





  2010.5.24 ふきだしパズル (40分; 男3 女2)
      *** ふきだしの中には文字が入ります。
           例えるなら貴方は名探偵。集めたふきだしの織り成すパズルからは、
           ふきだし色の解答とささやかなる愛が見え隠れしております。ミステリー風コメディです。

  2011.8.10 永久はフラスコの向こう (60分; 男2 女3)
      *** 永久機関。それは人類が求め続けるもの。
           ところが発明された永久機関はひとりの女の子の姿をしていた!?
           永久の中に生きる意味を探す人々の物語。





  2010.2.3 ボロボ (55分; 男3 女3)
      *** 見上げれば、ビルを片手でねじり取りそうな巨大なロボット。
           ずっと待ってた。いつかこんな世界が私に会いに来てくれるって。
           だから、今度は私から行かなくちゃ。ロボットと少女の物語。

  2010.5.7 星掬いのトートロジー (70分; 男3 女3)
      *** 「そうだな。俺がいなくても、俺のいないステラシアタは後にも先にもずっと続いていくんだ。」
           天文サークル「ステラシアタ」の取り立てて特別なこともない日々。でも、人は大人になっていく。
           変わっていくのだ。宇宙人が襲来しちゃったりなんかもして。

  2012.8.6 つつ (80分; 男3 女3)
      *** 人は正体不明のそれを、しばしば妖怪のせいにしてきた。そうすれば、ひとまずの安心を得る。
           妖怪心理学を提唱する前川由奇奈はいくつかの事の顛末をつけにかかる。
           これは彼女が彼に話した6つの物語。







  2008.8.15 シネマイナ (40分; 男6 女2)
      *** 今から何十年も前。そう、まだ家庭にテレビが普及していなかった時代。
           銀幕の世界に憧れて旅立った男達がいた。男達はどこへ行ってしまったのだろう。
           ただなす術もなく、燃え尽きてしまったのだろうか。それとも・・・。

  2008.10.6 緋蜜蜂が飛んでいく (45分; 男4 女3)
      *** ある日、とある街の秘密結社に若い女性が一人、訪ねてくる。
           彼女は父の敵討ちをしたいという。
           この出会いが、運命を変えていく。ファンタジック・ミステリーです。

  2010.5.3 WORKSHOP (70分; 男10 女7)
      *** 私もひときわ大きく輝いてみましたが、いくら背伸びをしても、彼女はもっと上を見ていました。
           「あなた牛乳は好きですか?」 「私は牛乳を飲むとすぐにおなかを壊してしまうんです」
           才能のあるものとないもの。ない人はどうしたらいい。人生に悩めるふたりのお話。

  2010.12.10 レンズ (110分; 男3 女3 不定2)
      *** この見る、見たい、見続けたい、という欲望は、しばしば人の心を屈折させるものです。
           かくいう私も、この・・・なんていうんでしょうね。観る、ということに関して人一倍関心がありまして、
           例えばほら・・・、  『見る』ということに迫ったある男の物語。